コラム一覧

Column list

  1. 髪の広がりを抑える静電気防止アイテム

    静電気の正体は あらゆる物質には電気が存在し、プラスとマイナスの性質によってバランスの良い状態を保っています。 物質同士に摩擦が加わると、マイナス電気が物質から離れようとします。 これが「帯電」…

  2. 髪の内側がチリチリになる理由とケア方法

    髪の内側がチリチリになる理由 髪の内側がチリチリになってしまうのは、下記のような理由が考えられます。 ・髪の毛が傷んでいる ・寝癖の影響 ・髪の毛にハリがなくなってきている ・ヘアカラー…

  3. ダメージ毛を改善する、サイエンスアクアのメリット・デメリット

    ダメージを受けた髪を改善しようと、様々な方法を実践してみた人もいるのではないでしょうか? しかし、どんな方法を試しても、なかなか改善されない人もいるかもしれません。 そんな人におすすめの方法とし…

  4. 髪の傷みと色素の関係

    髪が傷むと色が抜けるって本当? 髪のダメージで困っていませんか? 髪が傷む原因は乾燥や紫外線、洗浄力が強すぎるシャンプー、ドライヤーの熱など様々です。 髪が痛むとどうなるの? 髪…

  5. 自宅でできる髪のセルフチェック方法

    髪をセルフチェックすることの大切さについて 自分の髪の毛はそんなに傷んでいないはずと思っていても、紫外線などの外的な影響により髪が思いのほかダメージを受けていたり、日頃の生活習慣やストレスなどのさ…

  6. 話題のヒートプロテクションスプレーってなに?

    ヒートプロテクションスプレーとは 髪の傷みの原因にはさまざまありますが、その最も大きなものの一つは「熱」です。 毛髪はタンパク質でできています。 そのタンパク質は熱に弱く、一度加熱され変性して…

  7. 外出先で髪がボワボワになってしまったときの対処法

    外出先で髪がボワボワ!身近にあるアイテムで解決できちゃう? 乾燥シーズンは髪のパサつきが気になるもの。 そんな時は、身近なアイテムを使って乾燥を防ぐことができます。 それはハンドクリームです。…

  8. ヘアミルクで濡れ感のある髪へ

    ヘアミルクは濡れた髪にも、乾かした髪にも使用できます! だから、いつでも使えるヘアケア商品なんです! 乳液みたいな感じで、すぐ髪になじみます。 そもそも、ヘアオイルとヘアミルクの違いとは何なんで…

  9. ダメージヘアにはイチジクが最強だった!

    イチジクに美髪効果があるのは良く聞きますが、外的な刺激による「ダメージヘア」の改善にも大きな効果を発揮する事を知らない方も多いです。 ダメージヘアの補修には、トリートメントやヘアパックのイメージ…

  10. アホ毛をゼロにする方法

    せっかくきれいにスタイリングをしていても、だらしなく伸びているアホ毛が顔をのぞかせていると、イメージダウンですよね。 そんなアホ毛の原因はいったい何なのか、またアホ毛はどうやったらゼロにでき…

  11. 女性加齢臭の原因と対処法

    女性ならば誰しも憧れるのは、すれ違うとフワッと漂うシャンプーの香り。 しかし、頭皮のにおいに悩まされている方も少なからずいます。その原因は、加齢臭かもしれません。 加齢臭というと、中年男性のイ…

  12. いつも同じ髪型だと髪や頭皮に良くないの?

    みなさんは毎日、どのようにして髪のスタイリングをしていらっしゃいますか? 毎日違う髪型にしていますか、それとも毎日同じ髪型になってしまっていますか? 毎日違う髪型にしていらっしゃる方も、もちろん…

  13. スタイリングしやすい髪質とは?

    髪質にはスタイリングしやすいものと、しにくいものがあります。 髪質が硬く太い人はセットがしにくく、髪質が柔らかく細い人はセットがしやすいのです。 今回は、髪を少しでもセットしやすくする方法と、…

  14. 美容室で髪型を失敗しない頼み方とは?

    「憧れのあの人と同じ髪型になれるように美容室に行ったのに、思っていたような髪型にならなかった」なんて経験はありませんか? もしかしたら、 髪型の頼み方が原因かもしれません。 美容室で髪型のオーダ…

  15. まとめ髪が原因で頭痛・肩こりを引き起こすの?

    まとめ髪は、束ね方を間違えてしまうと頭痛と肩こりの原因になります。 今回は、まとめ髪が頭痛と肩こりの原因になる理由と対処方法についてご説明します。 まとめ髪が頭痛・肩こりの原因 髪をヘ…

  16. ソックスカールの作り方とは?

    ソックスカールとは ソックスカールは、靴下を使用して髪にカールを付ける方法です。 コテやアイロンを使わないで髪にカールを付けることができるため、髪へのダメージが少ないことがメリットとして挙げられ…

  17. 髪質別の綺麗に見せることが出来るセットのポイントとは?

    人は、それぞれ髪質が違います。 「太い・膨らみやすい・ごわつく」などの特徴が出る硬毛や、「細い・ハリコシがない・根元がつぶれる」軟毛、「乾燥・ツヤがない・まとまらない」クセ毛などの髪質があり…

  18. 帽子を脱いだあとの髪の乱れを防ぐ方法とは?

    帽子を脱いだら想像以上に髪が乱れていて困った、という経験をされた方は多いのではないでしょうか。 今回は、事前に髪が乱れるのを防ぐ方法と乱れた場合の対処方法をまとめてご紹介します。 …

  19. 濡らした髪と乾いた髪でカットする違いは?

    濡らした髪と乾いた髪でカットする違いは? 「濡らした髪」 濡らした髪を切るウェットカットは、髪が水分を含んでいることによって毛先がまとまりやすく、長さを正確に切り揃えることが出来ます。 また、…

  20. ダメージを受けにくい髪型とは?

    髪型によって髪への負担は大きく異なります。 ダメージを受けやすい髪型には、それなりの原因があります。 ですので、ダメージが受けやすくなる原因が分かれば、ダメージを受けにくい髪型に導くことが…

無料体験レッスンはこちらから
資料請求はこちらから