化粧水には使用期限があることを知っていますか?化粧水は全部使い切ったら買い替える!という方も多いはず。しかし、使用期限が過ぎたものを使い続けると、スキンケアの効果を感じられないだけでなく、肌荒れなどのトラブルにつながってしまうことも…。今回は、化粧水、美容液、セラム、クリーム乳液、メイクアイテムの使用期限や保管方法などの正しい知識をお教えします♡

化粧水に使用期限はある?


化粧水に使用期限があるって、知っていましたか?




知っている人の方が少ないのでは?それもそのはず、化粧水には使用期限が記載されていないことが多いんです!




なぜなら化粧水をはじめとする化粧品は、法律上3年以上品質を保てるものに関しては、使用期限を記載しなくてもいい、ということになっているからです。




では、どうすれば使用期限がわかるの…?


それは化粧品ごとにある、使用期限の目安を知っておくことで解決できます◎




化粧品の使用期限の目安

化粧品に使用期限が書かれていないことが多いのはわかったけど、今使ってる全部の化粧品をいちいち調べるのは面倒ですよね。
また、使用期限は使用済みのものと未開封のものでも変わってきます。
ということで、化粧品ごとのある程度の目安となる使用期間について、詳しく見ていきましょう♪




「化粧水」は未開封の場合は最長3年、開封後は3か月以内

「美容液・セラム」は未開封の場合は最長3年、開封後は3か月以内

「乳液」は未開封の場合は最長3年、開封後は半年程度

「クリーム」は未開封の場合は最長3年、開封後は半年程度


「メイクアップアイテム」 は開封後3か月~半年が目安


化粧水の適切な保管方法

暗くて涼しいところが鉄則

化粧水だけに関わらず、メイク用品は暗くて涼しい「冷暗所」で保管することが鉄則。
まず家の中の冷暗所を探すことから始めましょう。
比較的温度が一定に保たれる場所で、風通しが良く、直射日光の当たらない涼しい場所がベストです。

多湿に気をつけよう

湿気の多い場所に保管してしまうのはNG。
劣化のスピードが早くなり、化粧水本来の成分が失われてしまうんです。
お風呂場や脱衣所に置いている人も多いと思いますが、なるべく湿気に触れないよう、収納ボックスや棚に閉まっておくようにしてみてください。
また夏場は気温も湿度も高くなりやすいため、こまめに換気扇を回したり、エアコンをよくつける部屋に移動させたりと、保管場所を変えてみるのも◎

キャップは必ず閉める

毎日使う化粧水。
いつでも使えるように、キャップを外したままにしている方もいるのでは?
化粧水は肌に潤いを与える成分や美容液が濃縮されているため、雑菌が入って繁殖してしまい、せっかくの美容成分などの性質を変えるおそれがあります。
キャップは必ずしっかりと閉めるようにして、使用後も閉め忘れのないようにしましょう。
また出し口に手や指が触れないようにするのも、化粧水を清潔に保つポイントです♪

冷蔵庫に入れるのはNG?

化粧水を冷蔵庫で保管すると、毛穴の引き締め効果があるという話を聞いたことはありませんか?
実は化粧水を冷蔵庫に入れて保管するのはNG!
化粧水を冷蔵庫に入れると、急激な温度変化によって劣化するおそれがあります。
また、冷蔵庫で冷やすことにより、化粧水に含まれる有効成分が結晶化してしまうことも考えられるでしょう。
結晶化した成分が残った状態の化粧水では、肌を傷つけてしまうんです。
冷たい化粧水は肌への浸透力も落ちてしまうため、冷蔵庫での保管は避けるようにしてくださいね。


化粧水は買ってからなるべく3か月で使い切ろう

未開封であれば劣化しないので、使用期限を過ぎても使えそうと思ってしまいますよね。
でも、すべての化粧品には品質が保たれる期間が決まっており、期間を過ぎるとせっかくの効果が実感できないだけでなく、肌トラブルの原因にもなってしまいかねません。
そんな悲しい思いをしないためにも、化粧水はなるべく正しい保管方法で清潔に使い、期限を目安に買い替えるようにしてくださいね♪