唇のガサガサ、荒れに悩んだ時オススメのリップケア

鏡を覗き込むと、唇の皮が剥けてきてボロボロ、表面はガサガサ…。
今、唇の荒れが習慣化し、悩んでいる人が増えているのです。

 

それならしっかりケアして、うるツヤ唇を目指そうじゃないですか。
今回は、お勧めのリップケア方法をお伝えします。

 

 

唇が荒れるのはなぜ?

まずは、唇が荒れる原因を知ることがファーストステップ。


私たちの皮膚は、角質層があるおかげで、さまざまな刺激から守られています。
唇は、角質層も薄いだけでなく、皮脂腺や汗腺もありません。


言いかえれば、皮脂の油分と、汗の水分から作られる皮脂膜(保護の役目)も作れないということです。

唇は、他の皮膚よりも断然薄いため、バリア機能が弱いのです。

こんなことが唇の荒れを加速させる!

荒れやすさを加速させる原因は、以下のようにいくつかあります。

  1. 乾燥
  2. ビタミンなど栄養不足
  3. 口唇炎(唇が炎症を起こして腫れたり、ひび割れて出血することもある症状)
  4. アトピーなどの皮膚疾患
  5. 内臓(特に胃腸)のダメージ


もちろん例外もあり、すべて当てはまるわけではありません。
3と4は皮膚科、5については内科での受診がやはり近道です。

ただ、1の乾燥と2の栄養不足は、せめてお家でケアしたいですよね。

お家でできる「うるツヤ唇」対策

もとから荒れやすいデリケートな唇とはいえ、実は朗報もありますよ。

他の皮膚の場合、ターンオーバーは約28日ですが、唇の場合は驚くことにたった4日ほど。
早い話、しっかりケアしてあげれば、結果が早く出やすいということ。

リップケアの方法は他にもありますが、特に個人的に効果を実感しているケア方法は以下の3つです。

 

特オシは「シアバター」

以前の記事でシアバターの成分や特性などをご紹介したのですが、テクスチャーはまさしくリップクリーム。
オールラウンドに顔や髪、まつ毛など、ほぼ何にでも使えるほどの優秀さです。

特にオレイン酸が多く含まれるので、乾燥を防ぎます。
もちろん、ビタミン類もちゃんと入っていて、カロチノイドは皮膚や粘膜の再生をバックアップ。

シアバターは普段のケアと同時に、リップの下地にも最適で、化粧品負けしにくくなるのも嬉しいですね。


 

アボカドオイルで3分パック

アボカドについても以前のコラムでも触れていますが、とにかく栄養の宝庫。
ビタミンACEやB群だけでなく、美肌に欠かせないミネラル類も満載です。

皮脂分がしっかりあるため、天然の栄養クリームになりますね。
唇に塗ったら、唇より少し大きめにカットしたラップで3分(5分でもOK)パックを行うだけです。

 


 

グレープシードオイルケアなら紫外線対策にも!

グレープシードオイルは、ネーミングから分かるように葡萄の種子オイル。

抗酸化力が高く、中でもチリ産はズバ抜けています。

その分高価なので、イタリア産などの価格を抑えたものでもOK。
ビタミンEが豊富で血行を促進するほか、ポリフェノールたっぷり、天然のUVケアができます。

防腐剤なしでも品質が比較的安定しているため、敏感肌の人でも安心ですね。
こちらもやはり、ラップパックがお勧めです。