コラム一覧

Column list

  1. 寒色系のヘアカラーを綺麗に染めるための注意点

    日本人の髪は寒色系の色が出にくい 日本人の髪は基本的に黒ですが、若い人を中心にさまざまな色にカラーリングしています。 よく見かけるのは、いわゆる茶色(ブラウン)系。 「茶髪」と言われるほど明る…

  2. カラーはどれくらいの頻度で行くべき?

    好きな髪色に染めて気分をリフレッシュさせたり、ヘアカラーで気軽におしゃれを楽しんだりする時代に。 ヘアカラーの目的は人によってさまざまですが、主に3つの目的に分かれます。 ファッション…

  3. カラーバターの特徴と注意点

    カラーバターの特徴 髪の毛の色を変えておしゃれを楽しみたいというとき、真っ先に頭に浮かぶのがヘアカラーですね。 サロンでプロに施術してもらうほか、自分で定期的にセルフカラーをしている人も多いので…

  4. 髪へのダメージが少ない!?塩基性カラーってなに?

    髪を染めたい、でも髪の傷みが心配・・・ そんな風に思っている方いませんか?? でも、実はそれ、カラー剤の問題です。 「塩基性カラー」を使って染めれば、ダメージはかなり防げます。 今回は、この…

  5. 黒髪っぽいけど透明感のあるカラーって?

    今まで髪色と言えば「茶色」が人気だったのですが、2018年ぐらいからは暗髪(くらがみ)というカラーがブームになっています。 暗髪は暗めのカラーを意味していて、黒髪とは違い光や日光に当たると茶色っぽ…

  6. 髪色が抜けやすい人と抜けにくい人 何が違うの?

    染めた色で髪の毛をキープできたら嬉しいと思いませんか? 色が抜けてきたという理由で髪の毛を染める必要がなくなりますし、キレイな髪色だと気分も明るくなりますよね。 今回は、髪色がなぜ抜けてしまう…

  7. お子様向け!!アイロンやコテなしで出来る!カールの作り方まとめ

    毎日ヘアアイロンやコテで髪を巻いている方も多いと思います。 ですが、ヘアアイロンやコテを使い続けると、熱ダメージが蓄積されて髪が痛んでしまいます。 そこで、アイロンやコテを使わない、カールの作り…

  8. 夜はまとまっていたのに朝スタイリングが難しいのはなぜ?

    夜のシャンプーあとに、しっかりとセットをして就寝しても、朝起きると髪の毛が広がっていたという経験はありませんか? しっとりとした髪の毛の形跡がなく、朝からスタイリングが大変ですよね…。 寝てい…

  9. 暖房・冷房が及ぼす髪への影響

    快適に過ごすために、暖房や冷房は欠かせないものとなっています。 一日中、暖房や冷房の効いた空間にいるという人も多いですよね。 しかし実は、暖房や冷房は、髪の毛にとって悪い影響を与えているのです。…

  10. 美容酵素ドリンクでヘアケア

    美容酵素の髪への効用や成分 健康な身体があってこそ頭皮も健康であると言えます。髪の状態をよくしたいと思ったら、まずは土台である頭皮の環境をよくすることが先決です。 頭皮の環境をよくするには、頭皮…

  11. 美容酵素ドリンクでヘアケア

    美容酵素の髪への効用や成分 健康な身体があってこそ頭皮も健康であると言えます。髪の状態をよくしたいと思ったら、まずは土台である頭皮の環境をよくすることが先決です。 頭皮の環境をよくするには、頭皮…

  12. 20~40代の髪質変化について

    20代から40代にかけて髪質がどう変わるのか 髪の成長の一番良い時期は20代の頃だと言われています。本来ならハリやコシがあり健康で生き生きした髪である時期です。 ただし、現代は継続してカラーやパ…

  13. 酸性雨の髪への影響

    酸性雨とは 酸性雨とは人間が作り出したものです。時代と共に進化させてきた発展の副産物で大気汚染による汚染物質が空気中の水蒸気と共に雨として降ったものが酸性雨です。 一度大気中を汚染させてしまった…

  14. 酵素水で美髪ケア

    髪質改善、美髪ケアには「酵素水」がオススメ!酵素が体に良いのは皆さんも知っているかと思いますが、他にも髪や頭皮の健康に大きな効果を発揮するんです。 酵素と髪の関係 酵素は体にとって必要…

  15. 髪がきれいな人とそうでない人の生活比較

    髪が綺麗な人の生活とは 綺麗な髪の人を見ると、「どんなシャンプーやリンスを使っているんだろう」、「どんなコンディショナーを使っているんだろう」など、髪の手入れをする商品が気になりますよね。 しか…

  16. 髪専用以外のはさみで切ると髪は傷む?

    セルフカットする際は部屋にある普通のハサミを使う場合がありますが、実は思っている以上に髪に負担を与えてしまっているのです。 普通のハサミでカットすると髪に負担がかかる? 美容院でプロの…

  17. 紫外線の強い季節は分け目を変えてみよう

    髪の分け目の位置は、顔の印象を決める重要な要素です。 しかし、いくら気に入った分け目の位置のヘアスタイルにしていても、髪のことを考えると時には分け目を変えることが大切です。 特に紫外線がきつい時…

  18. 温泉やサウナは髪が傷む?

    なぜ髪が傷むの? 温泉は何故髪に悪影響? 日本にある温泉の大半がpH8以上のアルカリ性の温泉です。 髪はpH4.5~5.5の弱酸性なので、髪にアルカリ性の温泉がつくとアルカリ性になってしまいま…

  19. 寝ながらエステ!ナイトスチーマーとは

    寝ている間に美髪ケア! 寝ながらエステできると噂の「ナイトスチーマー」はお肌を保湿するだけではありません。 美髪の条件である「髪の潤い」を維持できる優れたヘアケアアイテムにもなるんです! 常に欠…

  20. 髪と頭皮に良い入浴方法

    入浴による髪や頭皮への効果とは 入浴は髪や頭皮への良い影響として、「血行促進効果が増強される」ということが挙げられます。 体温ほどの温度の湯船に浸かることで、体全体の体温が上昇し、血管が開きます…

無料体験レッスンはこちらから
資料請求はこちらから